http://darkbluedawn.blog72.fc2.com/
Синьото на тъмно на разсъмване.
オンラインゲーム蒼.空.のフ.ロ.ンティアに登録したキャラの独り言。
「幻の庭。牡丹」


『Chris's Crime』

プロフィール

K.A.R.

Author:K.A.R.
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  --/--/-- スポンサー広告 コメント(-) TB(-) 記事No() ▲TOP
感想というのは難しくて…
心を動かされる事があるから感想を書く訳ですが
それって少し難しいです

文句を言うのは
それを期待しているからという事になってしまうし

嬉しかったところや気に入った所をあげるのは
媚なのではと自問自答になってしまうし


結局堂々巡りになって、何も書かなくなってしまうという。


でも投げっぱなしという状態は辛いと思うんですよね
キャッチボールは投げた事で返ってくる反応がやる気の原動力になるわけで
投げたものに返ってきた反応に対して、どう思ったか知りたいなあと思うのは自然な事ですよね
それがある意味醍醐味という事もあるわけだし

いやいや…どうしたもんかなあと。
とはいえ、所属校のキャンペーンが終わりました。
今回まず、誰も文句の付けようがない評価出来る点としては
遅延が全くなかったという点だと思います

これは他のキャンペーンに比べて参加キャラが少ないという点を差し引いても
特筆すべき点だと思います
締切通りに必ず上がってくる、という安心感は素直に参加している側の感想としては嬉しかったです
(4回目はさすがに夜までかかってましたが、
 それは最終回であるという事を鑑みれはしょうがない気がします。)
(むしろ日付が変わらないうちに仕上げたことが凄いと思ってしまう、蒼フロの現状…)


ただ誤解がないように申し上げておくと
私はクオリティが高ければ、割と遅延は気にならないタイプみたいです
遅延したシナリオでも上がってきたりアクションが
いつも遅延差し引いても“読ませる”リアクションばっかりだったからかもしれません。
(いい意味でも悪い意味でも。)
「裏切られたなあ」と思ったのは後にも先にも、素人目にもプロット同然のものでリアを返してきたシナのとき、1件だけです。
文章を書いて世に出すときに、下書き同然で出すのはどうなんだろうなあと思った覚えがあります
まあ、そのシナは自校シナだから参加したという、自分自身の不誠実さも腹を痛めるので強くはいえないですが


今回のキャンペーンでは、自分自身の力のなさを痛感した形でした
3回が3回、ガイドの読み違えをやらかし
「空振りの『すかっ』と言う音が響き渡る」結果という感じでした
見当違いのアクションを送ったためにMSには判定を困らせただろうなあと
正直反省しきりです

2回目にいたってはどう書いたらいいのか全く分からなくて
半ばMSに向かって投げてしまったような気がします
というか、あのガイドが来たらキャラクターは何をしますかと問われた結果を書くのがリアクションだとするなら
それを表す行動を書くべきだったと思うのですが
気負いすぎてしまって具体例を何も挙げられなかったのが情けなかったです

1回目といい3回目といい続き物であり、重なっていくためのアクションのかけ方というものが
うまく出来ない私の計画性のなさが出たと言うべきなのでしょうけどなかなかうまくいかないものです。
…というか、あんまり難しい事考えるのが出来ないので、対単体的な反応しかしていないという。

今回「いのこり」になったのも、たぶんシステム的なものが大きかったのかなというのが正直な気持ちです
今回結果を出せている方のようなアクションをかけられた気がしていない。
自分のアクションは果たしてそれに足るものなのか自分自身で甚だ疑問なのです

このゲームは自分自身の行動(アクション)による結果が全てというシステムで成り立っているのだから
その結果における評価は、誠実に取り組んだ人ほど報われるべきだし
その結果を貰うに恥じないアクションでなければやっぱり居たたまれなくなるというか
悔しいというか
……自分が惨めなような、納得がいかないというか
現状自分が胸を張って名乗れるかといわれるとため息が出るばかりです。
あいつ何もしてないじゃないか、まさにそのとおりで反論できません。
何かが出来る自分になりたいなあという、課題をいただいたと思います

プライドが許さないとかそういう感じの話ではなく
誠実にとてもまじめに頑張ってアクションをした人が報われるという図式がないと
やっぱりそれは誰もが大穴ばかりを狙うような方向性になって
そういう状態はどうなんだろう? 見たいな話というか。
事前に出るガイドは何のために出されて、それによって集められたアクションに対しての結果がリアクションであり
称号だったりワールド内での地位だったり、次枠の招待だったりするわけで
つまりきちんと報われるべきが報われるなら
自分はそれに足るんだろうかと反省して
それに足る自分になりたいと改めて思ったシナリオでした。









なんじゃこりゃ。具体名を伏せるからさっぱり的な話に。
まあ、今繁忙期なので、正直動けない!
という。

最後に
WEBっていいなあ、訂正・修正効くし。
活字で物理的な印刷物になったら、修正なんて出来ないんだぞうorz
  2011/01/29 なかのひと、ぐこうちゅう コメント(-) TB(-) 記事No(46) ▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。